• instagram
  • twitter
  • facebook
HOLOSUN ドットサイト HS503CU マルチレティクル 自動調光 ホロサン
HOLOSUN ドットサイト HS503CU マルチレティクル 自動調光 ホロサン

HOLOSUNの特徴

  • マグナムの衝撃に耐える実銃用だからゼロイン調整狂いなし
  • 透明度が高いレンズだからターゲットを見つけやすい
  • 炎天下の逆光でもハッキリ見える光量の強いレティクル
  • 最大5万時間、電池切れの心配はありません
  • 保証は生涯保証。一生モノのパートナーです
HOLOSUNの特徴

ホロサンの耐久性を証明する1枚の写真です。
この写真に映るドットサイトは、湖に投げ込まれ、冷凍され、最後には銃弾を3発打ち込まれましたが、レティクルは点灯することをやめませんでした。

HOLOSUNの特徴

ほぼ透明なレンズに、映し出されたドットはまるで、宙を浮いている。かのような、感覚さえ覚えます。
特に野外で使う場合には、青みを感じることは、ほとんどないでしょう。

HS503シリーズだけの特徴

  • 精密/スピード射撃両方に対応できる2種類のレティクル
  • 重さわずか122g。コンパクトで軽いから振り回しやすい
  • 反射や被弾対策に、純正キルフラッシュが装着できる

HS503CUを含めた、HS503シリーズは様々な環境で射撃を楽しむ方に最適なモデルです。
その理由は、65MOAサークルの表示切り替え機能がついているから。精密な射撃を要求される場合には、2MOAを。

素早い射撃の場合はサークルを表示させて、サークルドットを使用してください。

HS503CUだけの特徴

  • 自動調光機能が常に最適な光量を提供
HS503CUの特徴

HS503CUには、上部に太陽パネルが搭載されており、周囲の明るさを常にチェックしています。
これにより、明るさ環境から割り出した最適な光量で、レティクルを表示することが出来ます。

光量が自動調節されるので、ゲーム中の操作が最小限となり、集中して楽しむことが可能です。
また、太陽パネルは電源の供給も行うので、最大5万時間の電池寿命が更に延長されます。

HS503CUのよくある質問 Q&A

手動で光量を調節できませんか?

手動でも調節することが出来ます。HS503CUには2つのモードを切り替えて使用することが出来ます。
> 自動で光量を調節する、オートモード。手動で行う、マニュアルモードが搭載されています。

HS503GUとの違いは?

自動調光機能が、HS503GUにはついていません。 周囲の明るさが頻繁に変わる場合(屋内外のフィールドを出入りする時など)、自動調光機能がついていたほうが便利です。

HS403シリーズとの違いは?

大きく違うのは、サークルレティクルの表示切り替えの有無です。HS403シリーズには、サークルドットの表示機能はありません。
HS403Cの完全上位互換と考えていただいて問題ありません。

マウントはT1タイプ互換ですか?

T1タイプのマウントと互換があります。

純正のキルフラッシュやレンズガードはありますか?

HS503CU、HS503GUには、純正のキルフラッシュ(別売)を取り付けることが可能です。

レンズが割れたら修理はできますか?

修理は接眼レンズのみ可能です。

レンズが斜めになっているのですが、不良でしょうか?

不良ではありません。ナナメから照射されたLEDをまっすぐ反射するためにナナメに設置されています。

HS503CUのスペック

比較用に、同じHS503シリーズを並べています。

項目 503CU 503GU 503G-ACSS
バッテリー寿命 最大5万時間
使用電池 CR2032×1
明るさ調整 11段階*
倍率 1倍
素材 6000系アルミ合金
対物レンズ径 20mm
接眼レンズ径 20mm
エレベーション調整 最大50MOA
ウィンテージ調整 最大50MOA
ゼロイン調整単位 0.5MOA/クリック
長さ 61mm
高さ 30mm
横幅 37mm
重さ 122g**
耐衝撃性 1,000Gs
防水防塵 完全防塵、IP67防水

*内、1~2はナイトビジョンモード
**ハイマウント含みの重量

HS503CUの機能

比較用に、同じHS503シリーズを並べています。

項目 503CU 503GU 503G-ACSS
自動電源ON
自動調光 × ×
サークル表示切り替え

HS503CUのカラー選択

比較用に、同じHS503シリーズを並べています。

項目 503CU 503GU 503G-ACSS
ブラック
FDE × ×

HS503CUの関連商品

HS503CUを購入いただいたお客様は、次の商品も一緒にご購入されています。

キルフラッシュ
HS503CU、HS503GUに取り付けることが出来ます。HS503G-ACSSには取り付けできません。
レンズが反射して、敵に位置を知らせてしまうことを防ぐ他、エアソフトに置いてはレンズを被弾から守る役割もあります。
フリップアップキャップ
ドットサイトを使用しないときに、レンズを保護するためのキャップです。 付属のラバー製キャップとは違い、ワンタッチでキャップを跳ね上げることが可能ので、直ぐに使用を再開することが出来ます。
QDマウント
マウントレールへの取り付けや、取り外しをワンタッチで可能にする、QD式のマウントです。
複数の銃で1つのドットサイトを運用する場合や、ライフルスコープも併用する場合は、素早く脱着できるので、あなたの時間を節約することが出来ます。
1.41マウント
付属のハイマウントより高さを約6mm下げることが出来ます。マグニファイアと微妙に高さが合わない場合等にお使いください。
また、より低くマウントを設置することで、パララックスを抑えることが出来るので、より精密射撃に役立ちます。

HS503CUについて店長から

HS503CUの特徴

サークルレティクル+自動調光。これがHS503CUを選ぶ、最大の理由です。
特に、次のような方に自動調光機能は便利に働きます。

  • 頻繁に屋内外を出入りするフィールドで遊ぶことが多い
  • 木やガードで影が多いフィールドで遊ぶことが多い

逆に、屋内だけで遊ぶ方は、サークル表示が可能なモデルの中でも、シンプルなHS503GUを選んだほうが、機能とお金を節約できます。

HOLOSUN ドットサイト HS503CU マルチレティクル 自動調光 ホロサン

32,200
322point

+ −

残りあと19個

サークルレティクルを最大限楽しむ方法をご存知ですか?

それは、マグニファイアと一緒に使うことです。
事実、サークルドットで有名なEotechのホロサイトとマグニファイア(G33)が一緒に写っている写真を、見たことがないでしょうか。

あなたはHS503CUのサークルをONに切り替え、手前に設置されたマグニファイアを覗きます。
すると、拡大されたサークルドットが浮かび上がります。それは今まで覗いた景色とは、違うものです。

クリアなレンズのドットサイトと、鮮明な像を映し出すマグニファイアのコンビネーションは、あなたに新しい景色を魅せてくれることでしょう。

そんなサークルドットとマグニファイアの景色を、多くの方に体感していただきたい。そう思って、今回特別なオファーを用意しました。
マグニファイアを一緒に買うと、キルフラッシュ、フリップアップキャップ、QDマウントを無料でプレゼントします。

プレゼントの内容

プレゼント 通常価格
キルフラッシュ 1,600円
フリップアップキャップ 2,200円
QDマウント 5,200円
合計 9,000円

もちろん、マグニファイアにも妥協はありません。今回セットとなるマグニファイアはサイトマーク製のTX-3です。

HS503CUの特徴

この製品は、ノーベルアームズを超えるマグニファイアを探した末に、行き着いた商品です。
ボルテックスのマグニファイアにも勝るとも劣らない性能だと自負しています。

是非、この機会にマグニファイアと一緒にサークルドットを楽しんでください。
まとめると、このオファーであなたは4つのアイテムを手に入れることができます。

  • サークル表示が可能なドットサイト
  • 鮮明な像を映し出すマグニファイア
  • 敵に場所を悟られないキルフラッシュ
  • 素早く使用を再開できるフリップアップキャップ

今すぐ、商品をカートに入れて、サークルドットとマグニファイアの景色を体験してください。

ドットサイト HS503CU 32,200円
マグニファイア TX-3 28,800円
合計 61,000円
キルフラッシュ 1,600円→0円
フリップアップキャップ 2,200円→0円
QDマウント 5,200円→0円
合計 70,000円→61,000円
9,000円の節約

本体+マグニファイアをカート入れる

70,000円→61,000円(9,000円の節約)

PS.このオファーはテストをしている最中なので、予告無しに終了します。
もし、あなたが素早く銃への取り付けを行い、時間を節約したいのであれば、終了してしまう前に、あなたの分を確保してください。




商品レビュー

入力された顧客評価がありません
  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く